フェール セーフ 設計。 フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フールプルーフ[foolproof]とフェイルセーフ[fail

設計 フェール セーフ

👊 私の携わっている工業機械においては、機械の故障や人的ミスが発生した場合、必ずその場で「停止」し、動力源を遮断しなければいけません。 フェールセーフでは、危害の程度を低減することはできません。 私が設計している工作機械もフールプルーフの設計思想が組み込まれています。

製品設計の「キモ」 (9) ~安全設計手法① フェールセーフ~

設計 フェール セーフ

😊 書面で確認するよりも現場で生の声を聞いたほうがより的確な手法で安全を高めることができます。

6

FA設備制御/#5 フェールセーフの考え方 ランプ点灯方法より

設計 フェール セーフ

🐲 つまりエラーそのものをさせない設計と計画です。 3 急停止用の回路 機械側で何らかの異常を感知したときに、直ちに機械の運転を停止させる回路。 多重の安全装置を持たせることは「フォールトトレラント」と言い、これは事故を発生させないための設計思想であって、フェールセーフは必ず事故や誤りは起きる、という前提からの設計思想であり、この二者は根本的に異なります。

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問15

設計 フェール セーフ

😀 フェイルセーフ(fail safe) フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、fail safe)はなんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。 ということになります。 新幹線はフェールセーフを目指すことができますが、フェールセーフは事故は必ず起きるという前提での対策であって、事故が絶対に起きないという考え方であってはフェールセーフは成り立ちません。

19

フールプルーフ[foolproof]とフェイルセーフ[fail

設計 フェール セーフ

🐲 ・電子レンジ(扉を閉めなければ作動しない) ・トイレのおしり洗浄機(人が座っていないと水は出ない) プルーフ(proof):耐性、防ぐ 区別のポイント 実際名前だけではなく意味も結構似ているなと感じます。

14

製品設計の「キモ」 (9) ~安全設計手法① フェールセーフ~

設計 フェール セーフ

😜 誤りに対して寛容。 また、新幹線でアメリカへ行くことはできません。 人間は必ずミスをします。