阿部 和 重。 シンセミア 阿部和重 著作一覧

令和2年春の叙勲受章者名簿 : 日本の勲章・褒章

和 重 阿部

😂 斜向かいに映画館があり、小学生の頃、夏休みや冬休みに映画館のなかで一日中遊んでいたという。 そういう風にもフィクションは機能し得るものじゃないかと思いますね。

阿部和重「□(しかく)」書評 ホラー映画への偏愛が凝集|好書好日

和 重 阿部

⚐ 【西村】 新作の「ピストルズ」もそうですが、阿部さんの作品には、フィクションの圧倒的な力があります。 短編集。 春夏秋冬に分かれた4話構成である。

12

阿部和重考

和 重 阿部

😅 質疑応答では、会場から熱心な質問が相次いだ。 教訓とか、人間としてのあるべき姿を描くことだけが小説の可能性ではなく、文学作品はいろんな可能性を備えている。

18

阿部和重(あべ かずしげ)

和 重 阿部

☭ アメリカの夜(文庫) 21世紀を予感させる、新しい小説の誕生。 第138回 「」• 『ニッポニアニッポン』を読み終えたいまは特にそう思う。 『』を手掛かりに、唯生は再びが「騎士」から「人間」へと還ったことや、が鏡の前で「型」から「日常性」を取り戻すことについて考えるが、堂々巡りのような気がした。

5

株式会社 阿部和工務店

和 重 阿部

😃 「特別な存在」になりたかった青年の屈折 この作品では、映画学校を卒業後、アルバイトで生活を立てながら、「特別な存在」であろうとする中山唯生の姿を同一人物ながら分裂した語り手が自ら言及していく形をとっています。 しかし、この時期まで文学賞の受賞はこれのみで、評論家からの評価や話題性に反して受賞が少ないことから「無冠の帝王」と言われていた。 そういうわけで阿部和重という作家への評価は、僕のなかでまだ定まっていない。

19

阿部和重『オーガ(ニ)ズム』は2010年代の終幕にふさわしい傑作だーー「擬似ドキュメンタリー的」転回を考察|Real Sound|リアルサウンド ブック

和 重 阿部

✋ 『ロスト・イン・アメリカ』2000年、• ロリコンの彼はどんな目で死を目指そうとする彼女たちを眺めているのだろうと思うと、背筋が寒くなります。 Copyright 2017 Asahi Shimbun Publications Inc. 第76回 該当作品なし• 第113回 「この人の閾」• 漫画家は映画学校時代の後輩。

1